2009年01月28日

お花の下の

いつもはそのままドーンとそびえ立っている作品ですが、たまにお花を生けると、いつもと違った良さを発見です。

優しいながらも存在感があるピンクの花器♪

でも今日は、陶器の深いピンクが、生花の鮮やかなピンクを引き立てているように感じます!!

ガラスにはない奥深さと、何より、陶器は暖かみを感じますね〜♪


http://tetsutora.da-te.jp/




http://tetsutora.da-te.jp/
同じカテゴリー(作品)の記事画像
徹虎展 in 銀座  開催中です!
徹虎展 in 銀座
新作
陶器の粘土の色の
新作の青②
教室で。
同じカテゴリー(作品)の記事
 徹虎展 in 銀座 開催中です! (2014-09-02 14:15)
 徹虎展 in 銀座 (2014-08-28 23:46)
 作品 (2013-08-20 20:22)
 新作 (2011-07-11 01:30)
 陶器の粘土の色の (2010-09-19 20:00)
 新作の青② (2010-09-19 16:04)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
お花の下の
    コメント(0)